ガーデニング向け・擬木の枕木

枕木の大きねメリットはナチュラルな自然素材であるということですが、耐久性に問題があります。
腐ってしまった枕木を処分するのはとても大変です。

その、課題となる耐久性をクリアしたのが「擬木枕木」です。

擬木枕木には大きく分けて2種類あります。

コンクリート枕木

コンクリート枕木は、表面を木目調に塗装した枕木です。
重いので、花壇よりも駐車場舗装用のDIYやアプローチに使われることが多いです。

FRP製擬木枕木

 

FRPでできた枕木は非常に軽く、DIY資材としては理想的です。
しかも腐らないので、花壇として使っても何の問題もありません。

軽いことから、横に使うだけではなく、縦に使って高低差のある花壇を演出することができます。

コンクリート枕木とFRP枕木の比較

コンクリート枕木は重いので、DIYするのははっきり言って大変です。
また、安いものは表面が剥げる可能性があります。

一方で、FRPの枕木は、一見擬木だとわからないものもあります。
もちろん触ると擬木だとわかりますが、ぱっと見の質感は非常に高いです。

FRP枕木のデメリットは耐荷重性です。
FRP製の枕木は荷重に対して考慮されていないので、高低差がある花壇には使用できません。

スポンサードリンク