花壇づくりに必要な道具をまとめてみました

まっさらのお庭にDIYで花壇を作るにはどうすればいいか。
まずは道具を揃える必要があります。

特にあなたが新しいおうちに引っ越してきて、道具が何もない場合、一からすべて揃える必要があります。

ホームセンターのDIYコーナーに行けば、ほとんどのものが手に入ります。

花壇づくりに必要な道具

シャベルとスコッパ

場所により小さいものをシャベルと呼んだり大きいものをシャベルと呼んだりして紛らわしいのですが、どちらも花壇づくりには必要です。

トロ船

コンクリートを混ぜる際に必要となります。
花壇づくりが終われば土作りに使えますし、こどもの砂場代わりにも使えますね。

あまり小さいとコンクリート造りがしにくいですし、あまり大きいと保管に困るので、サイズは60サイズぐらいを目安としましょう。

 

バケツ

水をくむのに使います。
左官用バケツという、重いものを入れても壊れないものがDIYでは大活躍します。

かなり乱暴に扱っても壊れないので、DIY以外でもオススメです。

 

グラインダー

レンガやブロックを切る切断電動工具です。
電動工具というと高価なイメージがありますが、中国製のものが格安(3,000円程度)でネット通販で購入することができます。

 

楽天でグラインダーを探す

ゴムハンマー

レンガやブロックなどの上面を叩いて打ち沈めるのに使います。

コテ

理想を言えばレンガゴテ、目地ゴテ、左官ゴテの3手があればベストですが、意外と一番必要そうなレンガ鏝はなくても何とかなります。

その他

水平器・水糸などが必要です。
レンガやブロックの表面についた汚れを取るのにスポンジや布切れがあると便利です。

スポンサードリンク