寄せ植え花壇:花壇のデザインと種類

一般住宅の前庭に使われる花壇は、狭い場所でも見せ場を作ってくれるボーダー花壇ですが、それ以外にも何種類かの花壇があります。
ガーデニングの参考になれば幸いです。

寄せ植え花壇

寄せ植え花壇

寄せ植え花壇とはその名の通り、寄せ植えをした花壇です。
鉢の寄せ植えを大きくしたような花壇で、中心部に背丈の高めの草や木を植え、手前には背丈の低い一年草を植えるのが一般的です。

寄せ植え花壇

写真のように大きな花壇は一般住宅では難しいですが、木の周り1メートルだけをお花で囲んであげるだけでもお庭の雰囲気が大きく変わります。
円形花壇を作るのには多少センスが必要ですが、うまくできるととっても素敵なお庭に仕上がります。

寄せ植え花壇の写真

上の写真は寄せ植え花壇でもシンプルにペチュニアを植えただけの施工事例です。
寄せ植え花壇や円形花壇はデザインが難しいですが、花の種類を限定することによって、初心者でも素敵なデザインにすることができます。

模様花壇

芝桜の模様花壇

チューリップの模様花壇

模様花壇はその名の通り、花の色や形で模様を作っていく花壇のことです。
主に公園など、じゅうぶんな面積を取ることが出来る場合に導入される植栽方式です。

写真ほどの規模のものはふつうのお庭にはあまり関係ないですが、たまにシバザクラでじゅうたんのようなお庭を作ってガーデニングをしているお家を見かけます。

スポンサードリンク